弁護士費用

 法律相談

法律相談料
初回相談 無料

2回目以降 30分ごと5000円(税別)

  • 事件依頼を全くご予定されていない方(既に別の弁護士に依頼しておりセカンドオピニオン的に相談されたい方など)については初回無料相談の対象外としております。
  • 高齢者の方など事務所まで来られるのが困難な方を対象に出張相談も実施しています(原則有料。お問合せください。)。
  • 事件処理を正式にご依頼いただいた後の「打合せ」については、法律相談料は不要です。

 事件をご依頼いただく場合

事件処理を正式にご依頼いただく場合には以下のような弁護士費用が発生します。
具体的な料金は、ご依頼の内容によって異なります。目安についてお知りになりたい場合はお気軽にお問い合わせください。
また、ご相談時には、事案の内容をお伺いした上で、委任契約締結時の具体的な費用見積りをお示しします。

▼着手金

委任契約締結時(事件着手時)にお支払いいただく委任事務処理の対価です。事件処理によって得られる経済的利益等を基準にして算出します。

▼報酬金

事件処理の結果によって得られた経済的利益や成功の程度を基準として算出します。

▼日当

弁護士が裁判所での期日や遠隔地での打合せ・調査等に出向く際、別途日当をいただくことがございます。

▼顧問料

契約(顧問契約)によって継続的に行う一定の法律事務の対価をいいます。顧問料の金額は、業務の量および内容を考慮して弁護士と依頼者が協議のうえ決定します。

▼実費

裁判所に納める収入印紙代、郵便切手代、交通費、謄写費用など、事件を処理するために要する費用です。通常、受任時に概算額(大概1~2万円程度)をお預かりし、事件終了時に精算します。ただし、事件の内容(請求額)によっては、裁判所に納める収入印紙代が高額になる場合がありますので(たとえば、100万円を請求する民事訴訟の印紙代が1万円、1000万円の請求だと5万円です。)、そのような場合、収入印紙代については、裁判所に申立てる段階で必要となる費用をお支払いいただくこととしております。

 費用でお困りの方

弁護士費用でお困りの方については、分割払いが可能な場合もありますので、お気軽にご相談ください。なお、過払金請求については、通常着手金無料でご依頼いただけます。また、交通事故のうちの一定類型についても、着手金無料でお受けしております。お問合せください。

 備考

    • クレジットカード利用可(ただし、借金問題など一定の事件は除きます。1回払いのみ。)

最近の記事

PAGE TOP