個人賠償責任保険

秋の好天が続いていますね。

気がつくともうすぐ11月。イルミネーションが点灯し始める時期です。
11月は、収穫祭の季節でもありますね。「勤労感謝の日」も新嘗祭が改められたものですし、アメリカも「感謝祭」の季節です。
そんな11月に、当事務所では、事務所開設と「勤労感謝」を記念して、無料法律相談会を複数日にわたって開催する予定です。詳しい日時は、本ブログでもお伝えする予定です。

前の住所で乗っていた自動車を手放しましたので、自動車保険を解約し、特約で付けていた「個人賠償責任保険」もなくなってしまいました。
個人賠償責任保険は、弁護士の私の目から見て「依頼者に是非とも入っていて欲しい保険ランキング」第2位です。本当に費用対効果の高い保険だと思います。ちなみに第1位は自動車保険、第3位は弁護士費用特約です。1位は入ってて当たり前のはずですが、たまに入っていない人がいます。

これまで所属していた事務所では、顧問先の損保会社の案件を多数扱っていましたが、その実務経験の中でも、「子どもが部活・学校生活で他の生徒にケガをさせた」「他人の物を壊してしまった」「ペットが他人にケガをさせた」「自転車事故」などなど、「こじんばい入ってて良かったね」と思った機会は多くありました。

さて、個人賠償責任保険(特約)のなくなった私ですが、千歳烏山は「自転車のまち」です。私や家族も当然自転車に乗ります。いつもスピードを出さず、人通りの少ないところを走るように心がけていますが、いつ事故で人にケガを負わすか分かりません。自転車事故でも、打ちどころが悪ければ後遺障害が残り、1億円近い損害賠償義務を負う可能性もあります。

急いでクレジット会社の提供する個人賠償責任保険に加入しました。ひと月あたり百数十円で、補償限度額3億円。
ほんとに、こんなに費用対効果の高い保険はなかなかないと思います。

事故を起こさないための安全運転。事故が起きてしまった場合の損害保険と弁護士です。

(マツミヤ)

関連記事

  1. 弁護士の醍醐味

最近の記事

PAGE TOP